闇金融の実態 - 2008/08/12

闇金融について詳しく紹介します。




[PR]



2008年08月12日(Tue)▲ページの先頭へ
闇金融の今後
闇金融の今後
グレーゾーン金利の撤廃により、消費者金融の審査が厳しくなり、消費者金融で融資を断られた者が闇金融に手を出す事が、懸念されている。 闇金融業者の増殖をおさえるためには、利息制限法の上限を超える金利を無効にするだけでは手ぬるく、貸借契約自体を無効にする(つまり、元金自体の返済の義務をなくし、取立ては恐喝、または詐欺として扱う)以外に無いのではないかと言われている。

闇金融業者は自らが違法行為を行っている認識はあるため、取立ての電話等があった場合、会話を録音した上で、逆に事務所の所在地や代表者の名前等を尋ねたり、警察への通報を匂わせると、それ以後の取立てはとまる場合が多いとする人もいる。なぜならば、それ以上の取立てや自己の所在地等が判明することは闇金業者自体に警察からの捜査が及びかねないこと、闇金業者の貸付が2、3万円程度の場合は、ある種の貸し倒れに対する「リスクヘッジ」ができているからであるという。

2008年7月14日放映のNHKスペシャルでは、生活苦(自己破産したり、病気で仕事ができないなど)のためにやむを得ず闇金融に手を出す人々がいつの時代にも必ず一定数おり、闇金融側からすると「いい餌食」となっている現状や、客と業者ではなく、個人から個人への融資の形をとって貸し付けるために摘発しにくく、文字通りの「闇」金融になっているケースを紹介し、こうした事態を打開しようと活動を始めている自治体が実際にはまだ岩手県と鹿児島県の2県しかなく、闇金融完全撤廃の前途が厳しいことが描かれていた。


アンパンマン列車 時刻表


   


junhamaの自由文言1


junhamaの自由文言2

カレンダ
2008年8月
         
12
           

アーカイブ
2008年 (8)
8月 (8)
2009年 (1)
6月 (1)
2010年 (8)
5月 (1)
8月 (2)
9月 (4)
10月 (1)

アクセスカウンタ
今日:2
昨日:3
累計:17,173