闇金融の実態 - 2010/09/16

闇金融について詳しく紹介します。




[PR]



2010年09月16日(Thu)▲ページの先頭へ
住宅用インターホン(ドアホン)
住宅用インターホン(ドアホン)は住宅の玄関外部の脇に設置する玄関子機と、室内に設置するインターホン親機とで構成され、玄関から室内を呼び出して通話ができる。玄関を開けることなく来客者と会話し確認ができるため、防犯の目的で設置される。

玄関1ヶ所、室内1ヶ所が最小構成であるが、玄関3ヶ所、宅内5ヶ所程度まで対応可能な多局タイプもあり、住宅の規模に応じて選択できる。



来客通話:住宅では操作性や、壁面の美観を損なわない等の利点から、ハンズフリー方式が主流になっている。

来客映像:防犯性を高めるため、テレビモニター付きのもが普及しており、過去は白黒液晶タイプとカラー液晶タイプが存在していたが、現行新たにリリースされる商品はカラー液晶タイプのみとなっている。

来客者の録画・録音:録画・録音ができるタイプもある。録画は機種により静止画のものと動画のものがある。

センサーカメラとの連動:玄関に設置したセンサーカメラで近づいた人をキャッチし、監視・録画できる機能。

住宅用火災警報器との連動:警報をインターホン親機、玄関子機等から警報音や音声で知らせる他、インターホン側の操作で火災警報器の点検ができるタイプもある。

防犯センサーとの連動:防犯センサーを設置した玄関や窓が開くと警報を発する機能。

電気錠との連動:各部屋のインターホンの操作で電気錠の解錠ができる。

部屋間通話:宅内のインターホンを複数接続できるシステムでは、部屋間の通話が可能なタイプもある。
インターネット接続により来客や宅内の警報を携帯電話に通知する機能
電気の使用量をモニターできる機能。


   


junhamaの自由文言1


junhamaの自由文言2

カレンダ
2010年9月
     
16
   

アーカイブ
2008年 (8)
8月 (8)
2009年 (1)
6月 (1)
2010年 (8)
5月 (1)
8月 (2)
9月 (4)
10月 (1)

アクセスカウンタ
今日:11
昨日:1
累計:17,039