闇金融の実態 - 2010/09

闇金融について詳しく紹介します。




[PR]



2010年09月24日(Fri)▲ページの先頭へ
アネックスロイヤルホテル
秋田県 大館・鹿角・八幡平 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
大館・鹿角・八幡平 楽天トラベル格安宿泊ランキング


アネックスロイヤルホテル
天然温泉の展望大浴場(サウナ付)を備えたビジネスホテル。ビジネス十和田湖白神山地の観光の拠点に!
秋田県大館市常盤木町11-11

【お料理】
朝食は和・洋のバイキング形式です。

【お客様の声】
良かった点
・朝食がおいしい
・大浴場も広く眺めも抜群
・駐車場も広く、無料
特にいつもご飯がおいしいのがいいですね。

【観光スポット】
はまなす展望台(秋田県能代市大森山)
能代港の堤防に立つ、高さ27mの展望台。日本海をあかね色に染める夕日や風の松原、天気が良ければ青森と秋田の両県にまたがる白神山地の稜線を望むことができる。展望台から1200mにわたって続く能代港の岸壁「はまなす画廊」には、一般市民の有志による壁画265点が並ぶ。

【名物・土産】
つるるんっ!PACK

お見舞いからギフトまで食べやすいスイーツ揃い!


⇒アネックスロイヤルホテルの宿泊プラン



2010年09月16日(Thu)▲ページの先頭へ
住宅用インターホン(ドアホン)
住宅用インターホン(ドアホン)は住宅の玄関外部の脇に設置する玄関子機と、室内に設置するインターホン親機とで構成され、玄関から室内を呼び出して通話ができる。玄関を開けることなく来客者と会話し確認ができるため、防犯の目的で設置される。

玄関1ヶ所、室内1ヶ所が最小構成であるが、玄関3ヶ所、宅内5ヶ所程度まで対応可能な多局タイプもあり、住宅の規模に応じて選択できる。



来客通話:住宅では操作性や、壁面の美観を損なわない等の利点から、ハンズフリー方式が主流になっている。

来客映像:防犯性を高めるため、テレビモニター付きのもが普及しており、過去は白黒液晶タイプとカラー液晶タイプが存在していたが、現行新たにリリースされる商品はカラー液晶タイプのみとなっている。

来客者の録画・録音:録画・録音ができるタイプもある。録画は機種により静止画のものと動画のものがある。

センサーカメラとの連動:玄関に設置したセンサーカメラで近づいた人をキャッチし、監視・録画できる機能。

住宅用火災警報器との連動:警報をインターホン親機、玄関子機等から警報音や音声で知らせる他、インターホン側の操作で火災警報器の点検ができるタイプもある。

防犯センサーとの連動:防犯センサーを設置した玄関や窓が開くと警報を発する機能。

電気錠との連動:各部屋のインターホンの操作で電気錠の解錠ができる。

部屋間通話:宅内のインターホンを複数接続できるシステムでは、部屋間の通話が可能なタイプもある。
インターネット接続により来客や宅内の警報を携帯電話に通知する機能
電気の使用量をモニターできる機能。


2010年09月11日(Sat)▲ページの先頭へ
油を使わない焼きドーナツを簡単に作るならクロア
ヘルシーで話題!

油を使わない焼きドーナツを簡単に作るならクロアの

焼きドーナツメーカーがおススメ。





焼き上がりまで2、3分と早く、でき上がりをランプ

知らせてくれます。

それに、お手入れが簡単です。

まだ温かい状態でペーパータオルなどを挟み

その後、拭き取ります。

旅行 素敵な旅行


2010年09月02日(Thu)▲ページの先頭へ
立山山麓温泉 びんてる めいけん
立山山麓温泉 びんてる めいけんは朝食夕食がとても美味しく、ボリュームも大満足。
温泉も大満足。
サービスも大満足。
とても大満足でした!
お風呂に外湯があったのですが、そこには洗い場があり開放的な空気の中旅の疲れを流すことができました。
内湯も檜風呂のいい香りが楽しめる温泉だったので、心身ともにリラックスできました。
ぜひまた泊まらせてもらいたいお宿で、おすすめです!

富山県 富山市・八尾・立山山麓 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
富山市・八尾・立山山麓 楽天トラベル格安宿泊ランキング



立山山麓温泉 びんてる めいけん
立山黒部アルペンルートの裾野立山山麓にある「美人の湯」と言われる温泉&露天風呂と囲炉裏の宿
富山県富山市本宮花切割3

【お料理】
夕食は洋風のメインディッシュを中心に木の実をつけた自家製の食前酒や
採ってきた山菜、富山湾の旬の食材等の地物の料理が味わえます

【観光スポット】
豪農の館内山邸(富山県富山市宮尾903)
内山家は1521〜1531年(大永・享禄)のころ、宮尾の地を新田開発してからこの地で450年続いた家柄で、越中一千石地主といわれた豪農。富山藩の時代には歴代十村役(大庄屋)を勤め、地域の農業振興、文化の向上にに努めたといわれる。現在の邸宅は、1868年(慶応4)に建てられたもので、瓦葦き切妻造りの木造一部二階建て。名石や庭木を配置した広大な庭園とともに、藩政時代の伝統的な豪農屋敷の構えを残している。邸内には茶室が3カ所、内山家から寄贈された美術品、文学資料などを展示し、往事の農家の繁栄した生活ぶりがうかがえる。


   


junhamaの自由文言1


junhamaの自由文言2

カレンダ
2010年9月
     
   

アーカイブ
2008年 (8)
8月 (8)
2009年 (1)
6月 (1)
2010年 (8)
5月 (1)
8月 (2)
9月 (4)
10月 (1)

アクセスカウンタ
今日:2
昨日:3
累計:17,118